【体験談で解説】子育て世代がUR賃貸の割引制度「そのママ割」で住むべき理由【Pontaポイントも付く】

4 min 283 views
家賃がなるべく安い 賃貸住宅を探している子育て世代

家賃がなるべく安い 賃貸住宅を探している子育て世代

  • UR賃貸の子育て世代限定の割引制度「子育て割」と「そのママ割」について知りたい
  • 他の賃貸住宅と比較してもお得なの?
  • お得なら、申込みが難しいんじゃない?自分でも申し込みできるかな

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、

UR賃貸での生活経験が6年ほど。

東京都内で3箇所のUR賃貸の部屋に住んだ経験があります。

引越しは10回ほど経験があります。

私は現在、これから解説する「初期費用も家賃も退去時も」お得なURの仕組みを使って、「そのママ割」で3年ほど契約を続けており、家族3人でお得で楽しいURライフを過ごしています。

UR賃貸の子育て世代限定の割引制度「子育て割」と「そのママ割」についてまとめました

そのママ割とは

UR賃貸が用意している大変お得で便利な家賃プランです。

UR賃貸では「近居割」「U35割」「子育て割」「そのママ割」など多くの割引が用意されています。

その中でも、そのママ割は、子育て世代にピッタリなプランになっています。

そのママ割はどれくらい安いか?【お得な割引内容】

物件次第ではありますが、最大20%の割引なので、月2万円~3万円はお得に暮らすことができます。

毎月2万円割引きされていると考えると、1年(12ヶ月)で24万円、3年住めば72万円もお得に。

契約期間は?【最長6年】

契約期間は、定期借家で3年と記載されています。

しかし、4年目以降も住みたい場合は、簡単に再契約することができます。

3年の契約期間満了する前に、まず再契約する意思確認のための資料が送られてきます。

その契約書に更新するという意思を記入して返送します。

しばらくして、実際の契約月が近づいてくると、契約書が届きます。

契約締結の手続きは、店舗に行く必要があるため、店舗に伺う日程を電話で予約します。

あとは、店舗で契約手続きを済ませて完了です。

「そのママ割」のメリット・デメリットは

デメリット
  • 選択できる賃貸物件が限定される
  • 定期借家契約で、契約期間が最長6年
  • いつでも退去可能
  • ※3年ごとなので再契約手続きが手間
メリット
  • 家賃が安い【最大20%も料金が割引される】
  • UR賃貸の他の割引制度と比較して条件がゆるく申し込みしやすい
  • 最長6年利用できる

続いて「子育て割」について見ていきましょう。

UR賃貸の「子育て割」とは

子育て世代にピッタリな大変お得で便利な家賃プランです。

契約期間は、最長9年まで伸ばすことができます。

UR賃貸の「子育て割」はどれくらい安いか?【お得な割引内容】

物件次第ではありますが、家賃が最大20%の割引なので、月2万円~3万円はお得に暮らすことができます。

毎月2万円も割り引かれていると考えると、1年(12ヶ月)で24万円、3年住めば72万円もお得に。

UR賃貸「子育て割」のメリットとデメリットは?

デメリット
  • 選択できる賃貸物件が限定される
  • そのママ割と比較して申込み条件が厳しい
メリット
  • 家賃が最大20%も安い料金になる
  • 最長9年間も利用できる
    ※いつでも退去可能

ここまで読んだ方の中にはもしかすると、

「UR以外の他の賃貸物件も探せば賃料が安い物件があるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、合計金額(入居から退去まで)で考えると断然UR賃貸は、お安いです。

その理由を次で説明します。

【UR賃貸は断然安い】他の賃貸住宅と比較。入居から退去までの合計金額

入居前(初期費用)のお得なポイント

UR賃貸は、以下の費用がかかりません。

初期費用
  • 礼金
  • 仲介料
  • 保証人が不要(保証金など支払う必要ありません)
  • 火災保険は任意(自分で探して納得いく内容、料金のサービスに加入することができます。)

また、初期費用の部分で忘れてほしく無いのが、

初期費用がさらにお得に!
賃貸仲介会社からのキャッシュバック

家賃半額以上はキャッシュバックされます。

ぜひ、UR賃貸の申し込みを受け付けている賃貸仲介会社を探してみてください。

契約中(家賃)のお得なポイント

すでに「子育て割」や「そのママ割」で安い家賃で最長9年まで住めることは説明しましたが、さらに以下のポイントが付いてきます。

契約中のお得なポイント①:毎月Pontaポイントが貯まる

家賃500円ごとに1ポイントなので、例えば家賃10万円の部屋に済んだら毎月200ポイント貯まります。

さらに、新しく、キッズアニバーサリーサービスというものが始まり私の場合は、「1,300」ポイントもゲットしちゃいました!

契約中のお得なポイント②:更新料金がかからない。

長く住むほど、お得になります。

退去時のお得なポイント

最後に退去時のお得なポイントを説明します。

退去時のお得なポイント

敷金のほとんどが、手元に返金される

私は、2回ほどURから退去(転居)した経験がありますが、どちらの退去時も1万円かからず驚きました。

他の民間の賃貸に住んだ経験も複数回ありますが、敷金なんてほとんど戻ってこない経験しかありませんでしたので、本当に嬉しかったことを今でも覚えています。

子育て世代だとマイホームの購入も視野に入れている方もいらっしゃるかもしれませんが、家を買うにしても買わないにしても引越しをする際にお金の面で非常に動きやすいのかなと思います。

また、URの物件からURの物件に引っ越す場合は、敷金の引き継ぎができるのです。

すでに預けてある敷金を1回手元に戻さず、そのまま差額を精算するだけで済みます。

これも私の体験談ですが、引越しのタイミングは色々お金がかかるので、非常に助かりました。

【申し込み条件】子育て世代の人なら、簡単に申し込みができる

結論として、子供がいれば(扶養する世帯であれば)、簡単に申し込みすることができます。

子育て割と、そのママ割で、条件が少し変わってきます。

「そのママ割」のほうが、簡単に申し込みすることができます。

以下でそれぞれの条件を確認してみましょう。

そのママ割の申し込み条件
  • 満18歳未満のお子様を扶養する世帯」 ※「申込時に妊娠している」場合も対象
  • 3年間の定期借家契約(再契約で最長6年まで延長可能:経験談です)
子育て割の申し込み条件
  • 満18歳未満のお子様を扶養する世帯」
  • 減額対象の要件として世帯全員の合計所得月額が25万9千円以下(収入分位50%以下)の月額所得であること。

申し込みの条件は基本的にはこれだけです。

まとめ

子育て世代が、UR賃貸でお得に居住できる理由を体験談も含めて解説しました。

  • 初期費用が安い
    • 礼金、仲介料、保証金が不要
    • さらに、賃貸仲介会社からキャッシュバックが貰える
  • 家賃が安い
    • 「そのママ割」か「子育て割」で家賃が最大20%お得に
    • さらに、毎月Pontaポイントが付く+誕生日にはアニバーサリーポイントもつく
  • 退去する時も安い
    • 敷金が、ほとんど手元に戻ってくる

子育て中は、想定外にお金がかかってしまうことが多々あります。

節約できるところは徹底して節約して、子供の未来のために、使うべき所にしっかりとお金を使ってあげたいものですね。

かじ

かじ

IT業界勤務15年ぐらい。
最近は、在宅勤務。
朝活で、オンライン英会話を1年以上継続中。
週末はほぼ息子とお出かけ、時々野球。

<経歴>
フリーターで200万貯金⇨情報処理系専門卒⇨新卒でSEとして就職⇨1年半で退職⇨フリーター⇨ベンチャー企業にアルバイト入社⇨5年後取締役

FOLLOW

カテゴリー:
タグ: